2010年09月 のアーカイブ

2010年9月30日 20時51分43秒 (Thu)

ロールシャッハ的

ロールシャッハ的画像 「ロールシャッハテスト」という心理テストがある☆

紙の上にインクを落とし、それを2つ折りにして広げることにより作成されたほぼ左右対称の図版を持つカード(ロールシャッハ・カード)を用い、そのインクのシミが何に見えるのかを答えさせるもの。

投影法に分類される性格検査の代表的方法の一つ。


先日のブログで紹介したLinnの処女作を職場の人たちにお披露目した。

石の純粋なエネルギーだけではなく、Linnの悪戯がミックスされた作品☆

何に見える?

との問いかけに、たくさんの楽しい答えが返ってきた♪

フェニックス
埴輪
宇宙人or宇宙人服着用土偶
フクロウ
オッパイ
ハート
トリ
土偶
Linnの顔そのもの(宇宙人バージョン)
エネルギーがほとばしっている絵

などなど。

全体的に捉える人がいれば、一部分のみで見る人やイメージで見る人もいる。

Linnの私物となった「失敗の成功」ペンダントトップと同じく、見る人によって全く違うものに見える、ことがはっきりわかる作品であった。


「Linnのロールシャッハ作品♪」と名付け、いろんな人に見せては、その反応に喜々としているLinnを見て、人生の大先輩から、

「人が悪いね〜。」

との有難〜いお言葉を頂いた☆

あはっ♪



2010年9月29日 9時33分22秒 (Wed)

慈悲

慈悲画像 慈悲は、達成とは全く無縁なものだ。

慈悲は広大で非常に寛大なものだ。

本当の慈悲をもつ人には、自分が人に対して寛大なのか自分自身に対して寛大なのか確かではない。

なぜなら、慈悲とは「自分のため」とか「彼らのため」という方向をもたないひとつのいわば環境としてそこにある寛大さだからだ。

慈悲とは、豊かさの究極の状態だということもできる。

慈悲 ≒ 明晰、私たちが本来もっている暖かみを含んだ明晰さ。

人に対して憐れみの気持ちをもつことではなく、私たちが本来持っている暖かみのこと。




「タントラへの道」より抜粋☆

2010年9月28日 18時32分29秒 (Tue)

ブフッ♪

ブフッ♪画像 やっと、新しい名前の名刺&宣伝葉書きが出来上がった☆

前回作は、知り合いの方(美術館広報担当)にお任せして作ってもらったが、
今回は、一からフォトショップの使い方を教わり、字体、文字の色、写真の配置など、アドバイスを頂きながら、全部自分で作ってみた。

出来上がりの洗練さは、今ひとつに欠けるが、これはこれで、今のLinnを表現している。

単純明快☆

それはそれで、良し!


今後の発展に自ら期待する♪

2010年9月27日 13時21分21秒 (Mon)

「開く」こと

「開く」こと画像 スピリチュアル&精神世界でよく言われている、

「自分を開く」

ということを、どう解釈している?


「開く」こととは、

人に何かを与えることではなく、
自分の要求と要求のもとになっているさまざまな基準を捨てること。

なのである。

つまり、自分が握り締めている固定観念や判断基準を手放す、こと☆

もっとシンプルに言うと、

思考(≒エゴ≒脳の自動反応≒恐れ)を手放す、ということ♪

2010年9月24日 9時59分25秒 (Fri)

ドツボにはまる

ドツボにはまる画像 去年末から、石のエネルギーを視覚的に表現したい!との思いが強くなった☆

でも、どうやって?

その思いがようやく固まり、行動として表面化する。

先月から、月に一度だが、お絵かき教室に参加することにした♪
絵は苦手なはずだが・・・。

石を握り締め、イメージが出てくるまでボーっとする。

形が定まると、徐々に濃淡をつけながら色を重ねていく。

途中で、おっ!なんだか、フェニックスみたい♪と自分で感心しながら、作業を進めていくが、なんだか、真ん中の空間が物足りなく感じてきた。

フェニックスか・・・、鳥!?

だんだん集中力が欠けてきたLinnに悪戯心が芽生え、
ふと、何気なくひし形を書き加えてみた。

・・・。

きゃははははははははははははははははははは!!!

自分でドツボに入り、笑いがとまらない。

笑いを堪えきれず、教室を出る。

・・・。

本当に鳥になっちゃった!!!
しかも、おとぼけ顔の☆

それまでは、割と凛としていたのに、なんてこったい・・・。

たった一つの模様だけで、こうも滑稽になるものか?

蛇足、とは、こういうことだね☆

でも、それも一興かな?と思い、消すか、そのままにするかを思案していると、先生がそ〜っと近寄ってきた。

あまりにも恥ずかしかったため、急いで絵を裏向けた。

問答無用に絵をひっくり返され、それを見ていた先生から、

それもありだね、とのお言葉。

だんだんLinnさんの作るアクセサリーの要素が出てきたね。とも。

・・・そうか〜???

さらに、

・・・、埴輪にも見えるね☆ と。

は、埴輪〜!?・・・確かに。

そうとしか見えなくなったLinnは、さらに調子に乗って模様を足していく。

模様?ヒゲに見えてきたかも?

笑いを堪えながらヒゲにも見える模様を書き足し、だんだん悪戯が収拾つかなくなった。

それを見た先生は、

だんだん落書きになってない?

と、真実をついた厳しい!?一言を言い、さりげなく蛇足であろう部分を指で軽く消した。

はい・・・、その通りでござい〜。
おふざけが過ぎました。

余分な部分を消し、全体的に少し落ち着いた、ように感じたので、作業を切り上げた。

時間があるから、とこれ以上やったら、本当に落書きになってしまう!

Linnのおちゃらけ性質が色濃く現れた恐ろしい作業だった。



できあがり、今日の写真☆


ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

アーカイブ

アクセス数
ページビュー数